2005年06月18日

こんなもんかな

20050617-00000023-spnavi-spo-view-000.jpg

FIFAコンフェデレーションカップ
日本1−2メキシコ

負けはしましたが、前半の内容はよかった。中盤の中央4人のプレスが結構効いていたし。ゲームコントロールもまずまずだった。

驚いたのは加地の動き。もともと豊富な運動量だけでそれ以外はどうしようもない、なんで代表にいるの位なやつだったが、今日のスペースへの飛び出しといい、クロスのスピードといい見違えるようによかった。・・・というかこれくらい出来なくては困ります。

また、1トップの柳沢の動きもOK!楔の受けから玉離れも早いし、スペースを作る動きなど彼のよさも1topながら活きていた。それだけに俊輔や小笠原のゴールへ飛び込む動きが少ないのがやや残念。

しかし、3−6−1のシステムだと攻撃に流れがありますね。これは来年へ向けて成熟させてほしいですね。

では・・・アレ!相変わらずこねくり回してばっかりで、しかも君の後ろのスペース狙われているのにどうしてそこまでケアできないのでしょう。

宮本!ライン下がりすぎ!(これ前にも言わなかったかな)試合の中盤からメキシコが中盤とバックラインの間に入り込む動き増えたの気付かなかったんでしょうか。こぼれだまは拾われるし、ミドルはフリーになるしでこれでは2失点は当然。中澤がいないとこうも弱々しいのかなぁと再認識。

おそらくあと2試合は勝てないと思うけど要は1年後へ向けてアジアから世界に対してどう戦わなくてはいけないのかしっかりかみ締めて帰ってきてください。
posted by くぼっち at 09:23| Comment(0) | TrackBack(1) | Soccer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【考察】コンフェデレーションズカップ 「日本ーメキシコ」
Excerpt: 「日本ーメキシコ」戦をもう少し書いてみたいと思う。 両チームとも「ポゼッションサッカー」を信条とする スタイルのチームであり、残念ながら、現時点ではメキ シコの方が上回っていた(><) では、この「..
Weblog: お疲れモードぶろぐ
Tracked: 2005-06-18 12:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。